映画「007カジノ・ロワイヤル」あらすじ

00ダブルオーの地位に昇格して、暗殺を二回成功させて、ジェームズボンド。初めての任務はルシッフルという男を探しだし、海の見えるビラ風の高級なホテルで傍若無人に車の警報を鳴らすなど、大胆な作戦で、下っ端の悪役の男の近くに行き、ポーカーで軽い勝負をして車を巻き上げてしまいます。男の海辺に馬で現れた魅力的な妻にも手を出そうとして、情報をボンドの色気で、聞き出す。奥さんも悪い男にしか惹かれないと話す。ボンドの魅力に女性はメロメロです。そして聞き出した情報を元に飛行機で追っかけて飛ぶ。そして人体の不思議の展示会での大人数の市民の中での大胆な殺人。眠るように殺された。そして次に爆弾犯の男を追いかけての大迫力のアクションです。最後に男の体に爆弾を付けて爆発で、飛行機の爆破が不発になったことで、株式の影響でお金の大金を得ることが出来なくなったルシッフル、ボンドに怒りを燃やす。そしてモンテネグロの電車でルシッフルとカジノの対決の為に向かう。そこで、ベスパーと出会う。美貌の女性だが、皮肉をお互い言い合うが惹かれ合うものを感じている。カジノでドレスアップしたベスパーにボンドは見とれる。そこで仕事のふりながらキスを交わす。そして、状況が悪くなったルシッフルは毒をボンドにもる。危機一髪死から免れた、ボンドはベスパーに救われる。そして念願かなってカジノで勝ち金を手にする。ベスパーをさらうルシッフルつかまるボンド。残虐な仕打ちで口座の暗証番号をはかそうとする。身内に殺されるルシッフル。何故か助かるボンドベスパーの真実に驚愕。ベスパーの死。ボンドの命と引き換えに自分の命を差し出したベスパー。ボンドの悲しき悲恋の大作アクションです。

映画「007カジノ・ロワイヤル」感想

ボンドになったまだ初々しいダニエルグレイグが印象的です。スーツも凄く似合っていてクールなボンドだなというのが印象です。でもベスパーを愛していると気が付いてしまったボンドが可愛くもあり、悩みがある女性は元の恋人の為に努力し、こんな仕事を請け負ってしまう。悲しい女性の運命。かわいそうです。少しその影が女性を魅力的に見せるのかもしれないです。ボンドのアクションのきれがあり見ていて飽きません。何度も見ました。毎回違う感想を思います。ボンドガールが素敵で毎回こんな美人ばっかり出てきて嬉しいだろうなと思います。ボンドの正義感政府に対する忠誠心と、Mへの態度も自分の気持ちに忠実に動いていて、正しいことをするとMもボンドのしていることに気が付き協力をするようになります。Qの最新機械も面白さの1つです。愛に翻弄されるボンドも素敵だなと思います。愛する人の命を必死で救おうとする姿勢がいつも男性の鏡だなと思います。

映画情報サイト「映画の虜」