映画「M:I:Ⅲ」あらすじ

お前の頭に爆弾を埋め込んだと始まる。捉えられたイーサンの映像からはじまるが、女はイーサンの奥さんジュリアです。ラビットフッドと呼ばれるものを探すのが今回の大きなミッションです。そして今回は武器のブローカーのオーウェインデイヴィアンとの対決です。ミッションのいつもの音楽で始まり、病院に勤務のジュリアと結婚式を牧師を呼んで至急に、ミッションへ旅立つ前に結婚する。デイヴィアンをIMFのメンバーと協力して捕まえるが、途中で逃げられる。ジュリアが危ないと病院にかけつけるがもう遅い。捉えられたジュリアを探して、そこへデイヴィアンから電話。ジュリアの命が助けたかったら、ラビットフットをもってこい。と命令される。ラビットフッドを見つけ持っていき、そうすると、IMFのメンバーの裏切りがあった。またもや裏切りでショックのイーサン。何も仕事のことを話していないイーサンはジュリアが何これはと問い詰める。でもこの状況でジュリアもイーサンが戦いで、頭の中に機械を埋め込まれ、心臓がとまり、それを命を助ける経験があるジュリアが助ける。息をふきかえしたイーサンとジュリアは上海の田舎の町を走る。デイヴィアンを追いかけるイーサン、最後の戦いでまたもや危険の繰り返しだが、それをものともせずつき進む、そして最後にはイーサンの執念がみのりデイヴィアンが死ぬ。IMFの仲間と協力して、今回も大変なミッションを成功させることができた。

映画「M:I:Ⅲ」感想

ジュリアとの結婚で、幸せなイーサンのもとにまた大変なミッションがやってきた、それをまた引き受けてしまうイーサン。幸せな結婚はこの仕事には向いていないというルーサーでもイーサンが昨日結婚したと分かった瞬間、おめでとうと。面白いですが、この仕事の過酷さが伝わってくる。イーサンはみんなに無条件で信用される、性格もいいし、人の命を一番に考えているので、自分が危なくなったらイーサンなら何とかしてくれると思わせるところがある。人徳がある人だ。こんな人に思われたいが、命が何個あっても続かない仕事だと思います。アクションの規模も毎年大きくなっている気がします。爆破シーンも凄いです。トム・クルーズは自分でスタントなしでしているところがほとんどなきがします。歳をとっても魅力が衰えないところもこういうプロ根性から来ている気がします。ケガも絶えないなかでの撮影凄いです。自分も頑張らないとと思わされます。素晴らしいアクション大作です。