映画「カンフーパンダ」あらすじ

中国にある平和の谷では、平和な毎日が過ぎていました。

今日も平和な日が過ぎ去るかと思いきや、一人のカンフーの使い手タイ・ランにより平和の谷は襲撃を受けます。

タイ・ランは最強レベルのカンフーの使い手であり、凶暴な性格の持ち主であることから恐れられ、今まで牢獄に閉じ込められていました。

しかし、牢獄を打ち破り脱獄したのです。

人々が恐怖におののく中、亀賢人が選んだ真の勇者だけがタイ・ランに勝てるという「龍の戦士」を探すべく、武道大会が開かれます。

ポーは街のカンフーオタクのパンダでしたが、マスターファイブという有名なカンフーの使い手に会えると大会に顔を出します。

そしてあろう事か、ポーが勇者として選ばれてしまうのです!

マスターファイブは厳しいカンフーの特訓に耐え抜いていましたが、ポーはただのラーメン屋の息子であり、カンフーオタクなだけです。

特別なトレーニングをした事の無いポーをマスターシーフーやマスターファイブは受け入れられず、厳しい試練をポーに与え、自ら逃げ出すように仕向けます。

しかしポーはマスターファイブと共に修行が出来るだけで幸せで、数々の厳しい修行にも耐え抜きます。

その姿をみたマスターファイブはポーに心を開きますが、マスターシーフーだけは頑なにポーを認めません。

そんな時、近くにタイ・ランが現れたと聞きマスターファイブがタイ・ランの元に向かい挑みますが、タイ・ランの圧倒的な強さにはマスターファイブも歯がたちませんでした。

しかし、ある日ポーがお腹を空かせた時の凄まじい動きを見たシーフーは、ポーの食欲の奥に潜むカンフーの可能性を見出します。

それからはシーフーはポーにかかりきりになり、ポーを食べ物で釣り、厳しい特訓を課します。

ポーは特訓を次々と突破していく中で、タイ・ランはシーフーの愛弟子であったこと、カンフーの力に魅せられ、欲深くなり過ぎシーフーのもつ巻物を奪いに来ようとしていることを知ります。

しかし、肝心の巻物を見ると何も書かれていない白紙の巻物でした。

ポーは困難に直面していた実家に帰っていた時に、何気なく父にラーメンの秘伝を聞くと、「秘伝などない。大切なのは心だ。」と言われます。

そこで何故巻物は白紙だったのかにポーは気づきます。

ポーは急いでシーフーの元に戻ると、シーフーはタイ・ランと戦い出したところでした。

シーフーは老体でありながらタイ・ランと互角で戦っていたものの、時間がすぎる中だんだん形勢不利になってきます。

その時タイ・ランはポーの持つ巻物に気付き奪い去ります。

しかし巻物がなぜ白紙なのかをポーと違い理解出来ません。

タイ・ランはずっと求めていた巻物が白紙だったことに動揺を隠せませんでした。

その隙をついてポー、シーフー、仲間たちが猛攻撃をします。

最後にポーのカンフー技によりタイ・ランは敗れ、ポーは晴れて真の勇者になりました。

映画「カンフーパンダ」感想

食いしん坊で怠け者の単なるカンフーオタクのパンダだったポーが、たまたま亀賢人に勇者として選ばれたことから始まる物語で、こんなブヨブヨした体つきでカンフーなんて出来るの?と思ったら意外や意外!食べ物のためなら俊敏な動きをとるポーに驚かされました。

初めのうちこそマスターファイブもポーを受け入れませんでしたが、ポーのひたむきさ、意思の強さが彼らの心を開いたところは黙ってやるべきことをやる姿勢は、どんな場所であっても居場所を見つけることが出来ることをおしえてくれ、感動します。

マスターファイブに憧れカンフーの修行に励み、シーフーが愛弟子であったタイ・ランの暴走を悔しくも悲しく想っている気持ちを汲み、シーフーのために、みんなのためにどんどん強くなっていくポーを見て、何をするかではなく、何をしたいかが大事だと教えてくれました。

自分がどんな状態であっても、どんな立場にいても、やりたい事のためなら誠心誠意頑張れば、道は必ず開けることを教えてくれる映画でした。